2級建設業経理士合格応援ブログ

2級建設業経理士になりたい人応援します。
<< 純資産会計の基礎 | main | 決算整理と帳簿締め切り >>
株式の発行
0
     

    詳細はこちらを見てね。

    私の建設業経理士独学おススメ書籍

    ★建設業経理士2級出題パターンと解き方過去問題集&テキスト★



    株式の発行の会計処理

    テキストに書いてあるとおり株式の発行は

    会社設立時

    新株発行時

    に行なわれます。株の代価として払い込まれた金額の会計処理は

    原則処理 払込価額の全額を資本金にする

    容認処理 払込価額の1/2以上を資本金にする

    という処理があります。

    会社設立の実務では原則処理が圧倒的でしょう。会社法が施行されて1円からでも会社が作れます。会社設立を低資本金で容認処理を行なうと信用調査にも使われる登記事項証明書(法人登記簿)に表示される資本金額が小さくなり見栄えがよくない可能性があります。



    増資・減資

    増資・減資も良く行なう処理です
    デットエクイティスワップや事業も順調で貯めた準備金や利益を資本金に組み込んだり、財務諸表の見栄えを浴する為や、事業拡大のためなど会社のいろんな事情で増資・減資します。





    法人設立をお考えの建設業者さんへのアドバイス
    私の経験上、許可申請に詳しくない司法書士や自分で会社設立をした結果

       事業を行なう上での許可の目的記載が無い
       許可要件である財産的要件の自己資本金額で設立をしていない

    という原因で
    再度目的追加の登記を行なったり、財産的要件を満足させる手続き後に建設業許可申請するというケースが多くあります。(無駄な金銭コストです)
    許認可申請が絡む事業を行なう場合の会社設立は行政書士に依頼することをお勧めします。会社設立後の余計な出費をするリスクは格段に減るでしょう。






    | 肉 寝夢 | 純資産 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://keirishi2.yatta-yo.com/trackback/29
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE