2級建設業経理士合格応援ブログ

2級建設業経理士になりたい人応援します。
<< 建設業会計の基礎 | main | 原価計算の基礎 >>
工事原価の基礎
0
     原価とは大まかに言ってしまえば費用のことです。
    経営における一定の給付とは売上のことですので売上にかかわらせて把握された財貨(材料等)または用役の給付(労働力)を貨幣価値的(お金)に表したものであるといっています。



    ここで大事になるのは販売費及び一般管理費を除いた工事原価です。


    工事原価の分類

    発生形態別の分類とはどのような形で費用が発生したかということです。建設業会計上は4つに分類されています。

    材料費 (材料を消費した場合)

    労務費 (労働力を消費した場合)

    外注費 (害虫に出した場合)

    経費   (上記以外の消費)



    工事との関連による分類とはどの工事現場で発生したかということです。

    工事直接費はたとえばこの費用(材料費・労務費・外注費・経費)はA工事で発生したといように確認できる費用をいい、その工事の直接の原価となります。

    工事間接費は複数の工事現場で費やした費用なので、後々何らかの基準で費用を工事現場ごとに配賦します 。




    非原価項目はこれを原価に入れてはマズイだろうという費用や損失です。

    原価に入れてしまうと正しい工事原価が出ないので、会社を取り巻く利害関係者や経営者が正しい判断ができなくなってしまいます。実務に役立てるときは注意してね。






    私の建設業経理士資格取得おススメ方法

    独学を選択した勇者はこちら

    建設業経理士出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト 
    日商簿記1級持っている方なららくらくと、2級資格を所持しているのなら
    ちょっと頑張れば自宅独学でも合格できるでしょう
    (だけど勉強ちゃんとやってね)


    安く上げたいが講師も必要という方はこちらがいいかもしれません

    ネットスクールWEBショップ
    教えてくれる先生は必要だが資格の学校行っている暇がないという方は
    WEB通信教育がよいかもしれませんね。


    学校でしっかり勉強したい方はやっぱ通学した方がいいですかね

    資格の学校TAC
    学校に行けばわからない個所はすぐ講師に聞け合格もぐっと近くなるでしょうし
    勉強仲間も増えるでしょう
    私も日商簿記1級、2級、3級、行政書士は資格の学校に通学して
    資格を取りました。


    建設業経理士の資格をお考えの方
    私見ですが建設業経理士はとてもマイナーな資格と思います。
    建設会社へ就職を希望する学生さんや建設業経営者など 建設業経理士の資格が
    どうしても必要な方以外は 最初は日商簿記を取得した方が商品売買業界、
    製造業界など 多くの会社の就職等に役立つと思います。就職への武器とする方は
    まずは日商簿記3級、2級の基礎をしっかり学びましょう。

    資格講座のエル・エー

    資格を取るなら!総合資格ナビ

    資格の学校TAC<簿記検定>  

    日商簿記ならネットスクール

     

    | 肉 寝夢 | 工事原価の計算 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://keirishi2.yatta-yo.com/trackback/5
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE